【おススメ♪】シフォンケーキ型を選ぶポイント。

スポンサーリンク

CYMERA_20150715_155234

シフォンケーキ型を買おうと思うのだけど、どれを買えばいいのか~。

なんて、そんな悩みございませんか?本日は…

  • シフォンケーキ型を選ぶポイント
  • 型ごとの卵の使用量

など、シフォンケーキ型選びに役立つ情報を書いていこうと思います♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルミ型を選ぼう

IMG_8672a

まずはシフォンケーキ型の素材選びから。

キメの整ったシフォンケーキを焼くなら、アルミ素材の型を選ぶのがおススメ♪

何故、アルミ製の型が良いのか?

  • アルミは熱伝導が良く、生地がふっくら良く膨らみます。
  • 性質上、型に生地がシッカリと張り付くので、冷ます時にシフォンがずり落ちる心配がなく、焼き縮みを防ぐことが出来ます。

型外れの良い型に要注意!

シフォンケーキ型は、アルミ以外にも

テフロンフッ素加工シリコンの型など、型外れを良くする加工のされたものが有ります。

実はこの『型外れが良い』と言うのがシフォンケーキには不向き。

型外れを良くする加工をしたものだと、焼き上がりを逆さまにして冷ます時にシフォンケーキが滑り落ちてしまう可能性があります。

何故、シフォンケーキは逆さまにして冷ますのか?詳しくはclick♪

つなぎ目の無いものを選ぼう

IMG_8679a

型は継ぎ目のないものを選びましょう。

継ぎ目のあるものだと、継ぎ目に生地が詰まりやすく、錆の原因にもなります。

つなぎ目ってどんなの?詳しくはclick♪

卵の数で型を選ぼう

シフォンケーキは卵をたくさん使うので、卵をどれくらい使うかによって購入する型のサイズを決めても良いと思います♪

分かりやすいように表にまとめてみました。

上から順に、型の大きさ・卵の使用量・とれるカット数です。

シフォン表

私の場合ですが…

  • 14㎝型 → 食べきりサイズのプレゼント。
  • 17㎝型 → 自宅で食べる用。
  • 20㎝型 → 沢山の人に1カットずつプレゼント。

が使いやすいなぁと思っています♪

選ぶならズバリこのシフォン型♪

普段使いに♪

まずは、17cmのシフォンケーキ型の紹介♪

卵3~4個で作れるシフォン型です。

特にお気に入りの2社のものを紹介しますね(*´∀`*)ノ

馬嶋屋菓子道具店

プレゼント用に♪

こちらは20cmのシフォンケーキ型。卵5~6個使用です。

こちらもアルミ型・つなぎ目無しですよ(*´∀`*)ノ

馬嶋屋菓子道具店

今、流行りのトールシフォン型もおススメ♪

IMG_8673a

シフォンケーキをよりカッコよく焼きたい!という人におススメなのが、トールシフォン型

浅井商店さんのオリジナル商品で、普通のシフォン型より背が高く焼けるのが特徴です。

どれくらい高く焼けるかと言うと、コレくらい♪↓

630-tall-02かっぱ橋浅井商店
※浅井商店さんより画像をお借りしました。

通常の型よりかなりスリムで、デコレーションなどをしてもカッコよく仕上がります。

アルミ製継ぎ目なしなのもおススメするポイント♪

容量が通常の型の1.2倍ほどなので、通常のレシピに卵1つ分をプラスして作ると、型にピッタンコに焼けます♪

現在は、17㎝・14㎝と2サイズのトールシフォン型が発売されています。

まとめ

IMG_4114a

以上、シフォンケーキ型を選ぶポイントでした。

私がはじめて購入したシフォン型は20㎝型。

大きすぎるのでなかなか使う機会もなく、調べてから買えば良かった~~~というのが本音です(笑)

これからシフォン焼きを始める方に、少しでも参考にして頂ければなと思います♪

皆さまのシフォンライフが楽しいものとなるよう、心から祈っております。

最後まで読んで下さりありがとうございましたヾ(*´ω`*)ノ*✲*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シフォンケーキのレシピはこちらにまとめてあります→【レシピページ】

底上げ・焼き縮み対策はこちら→【 シフォンケーキのわたし的コツ❁底上げ・焼き縮み対策はここから! 】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加